長い目でみて

2016年6月9日 / 未分類

最新の育毛方式として、日本での認知度は低いですが、海外ではすでに、光(低出力のレーザー)を使った育毛が、盛んで、家庭で安全に使える機器が販売されています。

いまある毛根に作用するため、完全に毛根がなくなっているところでは、ふたたび発毛させることは、普通の育毛剤同様、むずかしいようです。しかし毛根が残っている人や、毛根が弱っていて毛が細っている人の場合は効果が報告されているので、内服・塗布以外の選択肢としておぼえておくのも良いかも知れません。昨年いくつかの新製品も発売されたため、パーソナル用(家庭用)のレーザー育毛機器は、5?6種類が日本語で入手可能ですが、すべてがFDAの認証を得たものではないので鑑別が必要です。

また、まだ新しいということもあってか、価格は高めのように感じます。
ハンディタイプは手頃になってきていますが費用対効果についてはひとつひとつのクチコミが少なく、もっと数を多く得たいところです。

育毛剤を使って育毛をスタートしたのに、効果が分からずがっかりしている人の声をよくききます。

それは、一概に育毛剤が悪いのではありません。

育毛剤とは持と持と一朝一夕に変化が見られるようなものでは決してありません。

お試し感覚で、約半年をひとつの基準として必ず続けてみて頂戴。当然、育毛剤をただ使っているだけではいけません。
普段から規則正しい生活も掛けて頂戴。テストステロンという男性ホルモンのひとつが作用することによって、男性は頑丈な骨格や強い筋肉をつくることでき、髭や体毛、太い濃い髪を生やすこともできるためす。

ですが、これとは別の、ある男性ホルモンが分泌されるようになった場合、薄毛になり初めたり、それから、男性型脱毛症へと進んだりするのです。そういう所以で、病院の薬や市販の育毛剤には、男性ホルモンの分泌を抑える作用を持つ成分が、加えらえれているものが多くあります。

脱毛に導く男性ホルモンは、テストステロンから変化を遂げたDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強いホルモンで、これが活性化すると薄毛から脱毛へと、速やかに進むであろうことが予測できるため、テストステロンをDHTに変えてしまう、5αリダクターゼという酵素を抑制することが大事なようです。ナッツ類は育毛に欠かせないビタミンやミネラルを少量食べてもたくさん摂れるので、食べることを心がけて頂戴。ナッツの中でも、胡桃やアーモンドは毛を育てるためにお薦めしたい食材です。ナッツは脂肪やタンパク質をぎゅっと閉じ込めています。意外と高カロリーです。

摂取カロリーを考えながら食べましょう。

ナッツを買うとき考えて欲しいのは、ナッツそのものや、揚げた油が高品質の物を選んで頂戴。
数あるハーブの中には、育毛に効果があるものも存在しており、その効果を期待して、育毛剤や洗髪料に配合されることもままあります。

半年間の薄毛治療

ハーブのはたらきとして、頭皮をよい状態に保ち、正常なコンディションの髪を取り戻すことができ、また、発毛に重要な土壌についても、正しく整える効能を発揮します。

そのうえ、髪の毛が薄くなる原因のうちのひとつである男性ホルモンが分泌されすぎるのを抑制する作用もあります。

そのうえ、ハーブのもつ特有の香りをかぐことでリラックスでき、髪が抜ける原因として挙げられる精神的緊張を打ち消すのにも一役買ってくれることでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿

TOPへ戻る